勉強時間

「これから行政書士の勉強をしようと考えているけど、どのくらい勉強すればいいのか?」と思っている人もいるでしょう。果てしない時間が必要なら躊躇するし、仕事をしている方なら一日の勉強時間についてはなおさら気になるはず。

というわけで、行政書士試験に合格するためにはどのくらいの勉強時間が必要なのかあらゆる角度から解説してみたいと思います。

また、一日の勉強時間の管理の仕方や初心者は是非マネしてほしい勉強時間の捻出方法についてもお話していきます。

行政書士試験合格に必要な勉強時間は?

行政書士試験に合格できる、というより、試験本番で十分合格狙えるレベルにまで持っていく勉強時間ということになりますが、500時間~1000時間と言われています。最大値800時間という意見もありますが、個人的には1000時間は必要だと思っています。

幅がある理由は、個人差ということです。もって生まれた能力という意味もありますし、勉強の仕方やスタートラインの位置という面もあって幅があるわけです。以下、この幅を細かく解説していきます。

独学の勉強時間

まずは勉強の仕方の幅について言及します。

独学とは誰からも教わらず、自分で市販テキストや問題集を購入して力を付けていこうというスタイルですが、800時間~1000時間といったところでしょうか。ただ、正直言いまして甘々時間で1000時間です。掛かる人は1500時間ぐらい必要かと。

独学は、一言で言えば効率的な勉強ができません。やはりプロの講師から教われば知識の定着も的確かつ迅速です。よって大きな時間差が出ます。

独学では合格できないということは決してないと思いますが、それもわずかでしょう。合格までの時間的道程は遠く、かなりの割合の人が挫折していくと思います。

予備校・通信講座の場合

プロに教わるスタイルです。勉強時間500時間~800時間で十分合格圏内に持っていくことが可能です。

理由は独学で述べた理由の逆張りです。先生に教えてもらった方が飲み込みは早いですし受験テクニックやノウハウも取得できます。通信講座だと学習ルールが豊富に用意されますし一定の管理がなされます。

独学よりはるかに短期間で合格レベルまで上り詰めることができるでしょう。

学習経験者の場合

勉強開始時点で、初心者か学習経験者下でも勉強時間は変わるでしょう。最短なら500時間を切る勉強時間で可能でしょうし、初心者なら長くなります。

初心者とは、これまで法律の勉強などしたことのない人を言います。学習経験者は幅が広く、

  • 法学部出身
  • 他法律系資格合格者
  • 他法律系資格既学習者
  • 行政書士既学習者

といろいろ考えられます。もっとも、アドバンテージはあるでしょうが、勉強時間に影響が出るだけで、合格できるかどうかは別問題です。

タイプ別勉強時間-まとめ

ここで挙げている勉強時間はあくまで目安に過ぎないものですし、参考程度にとどめてほしい数字ですが、確実に言えることは

  • 独学より予備校・通信講座の方が勉強時間は短くて済む
  • 既学習者はレベルによって勉強の仕方の選択は可能
  • 初心者で本気で合格狙うなら予備校利用の一択

だと思います。やはり、初心者にとって法律は難しいと思います。

あなたは一日何時間勉強できますか?

勉強は日々の積み重ねですので一日の勉強時間が大事になってきます。あなたは一日でどのくらい勉強ができますか?

上の勉強時間から一日何時間勉強すべきかシミュレーションしてみましょう。

独学の一日の勉強時間

独学だと800時間~1000時間ということです。社会人だと一日平均3時間程度でしょうか。これを毎日続けるとして、267日~334日必要ということになります。

また、勉強期間を1年365日できっちり収めるとすれば、一日2.2時間~2.8時間勉強する必要があります。これをどうとらえるかは人それぞれでしょう。できそうだなとする人もいれば、無理だなと思う人もいる。

予備校・通信講座の一日の勉強時間

予備校・通信講座では500時間~800時間ですので、一日3時間毎日勉強とすれば、167日~267日かかる計算になります。

365日換算では一日の勉強時間は1.4時間~2.2時間必要という計算です。

予備校使えばがぜん続けられそうだと思った方も少なくないでしょう。これなら週1で休息日入れることも可能ですので、仕事しながら勉強はできそうですよね。

勉強スケジュールは週単位で計画

スケジュール帳

経験上、「一日何時間」と計画を立てるよりも、週単位のスケジューリングした方が良いです。もちろん、結果的に一日何時間勉強とはなりますけど、あくまでそれは週こなす勉強時間の日割りの結果の話。

勉強は少なくとも数か月、1年ぐらいは続く生活です。計画が崩れること、一つ一つは小さいですが長丁場考えると絶対にストレスになります。ストレス如何によってはモチベーションにかかわります。

週単位ですと、リカバリーが比較的容易に可能です。平日と休日は使える使える時間は異なるでしょうし、ぜひ休息日も設けてほしいのです。精神的な小さな余裕を持たすため、勉強スケジューリングは週単位がおすすめです。

勉強休息日の是非入れてほしい

長丁場の勉強ということを考えれば、是非勉強休息日も入れてほしいです。理由はあなた自身のためです。あなたの体と心のためにお休みも入れましょう。仕事も毎日できないのですから、勉強も同じです。

モチベーション維持にも役立ちますし、メリハリあった方が集中力も増すというものです。試験前2週間とかなら追い込み期間なので根詰めも理解できますが、はじめっから飛ばしたって息切れ必至です。どうか淡々と勉強を続くていけるように、休息を含めたスケジューリングをお願いしたいです。

 

是非マネしてほしい勉強時間の確保の仕方

行政書士受験生、また合格者たちはどうやって勉強時間を確保しているのか。私の経験や、予備校HPの合格者の声から興味深い時間の作り方をまとめてみました。

結論から言ってしまえば、皆さん日常のすき間時間をうまく利用しています。また、日常からヒントを得てうまい具合に受験生生活に生かしています。

是非マネしてほしいです。

出勤前の早朝

出勤前、早起きして勉強時間に充ててみてはいかがでしょう?朝出勤前とは、早起きして出勤まで1時間でも2時間(2時間は無理かもしれませんが)でも、勉強するということです。

朝日
この方法、合格体験記を見ていると高確率で実践していた受験生を見つけることができます。経験ある方も多いと思いますが、早朝って頭が良く働くんですよね。どこかの講師が「早朝は勉強のゴールデンタイム」と言っていました。本当です。

仕事から帰宅して深夜まで勉強するよりも、早めに寝て朝方に切り替えた方が効率的なのは間違いありません。時間がないのなら時間は有効に。

通勤時間

次は通勤時間です。

私が某資格社会人受験生だった頃は、東京で電車通勤でした。当然、あの通勤ラッシュを経験していたわけですが、この通勤時間って、意外と勉強に適しているんですよね。朝で頭はスッキリしているし、狭い公的空間というシチュエーションが意外と集中力を高めてくれます。もちろん帰りだって勉強できます。

通勤電車
予備校の教材でも、スマホで講義受講可能ですし、オフラインで使える音声データが付属しているところも多くなってきました。中にはテキストもデジタルで利用できるところもありますので、空間を逆手に取った集中力で勉強に打ち込めます。

休日の勉強時間の使い方

休日は平日よりも勉強時間に時間を割ける人が多いと思います。時間があるからこそ、集中的に時間をかけたい勉強に時間を充てるのが良いと思います。講義動画をまとめてみるのも良いですし、答練や模試は確実に時間が掛かるので取り組むのも良いでしょう。

環境を変えた勉強

休日は時間がある分、普段とは違うこともしてみてください。例えば、朝から図書館へ行って一日勉強して過ごすとか、そ長居は難しいですがカフェで勉強するとか。あと私がやっていたことは、勉強するために電車に乗りに行くこと。電車の中で勉強するのです。

これは、環境を変えて気分転換するためです。毎日同じ環境ではマンネリですのでね、いつもと違う環境で一新するのです。この環境変化は集中力が増しますし、絶対おすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。行政書士試験、案外勉強時間は短いな、このくらいなら行けそうだな、と感想を抱いた方も少なくないと思います。

それでも働きながら勉強するということは決して簡単な話ではありません。個すき間時間を使わざるを得ないので、それを手伝ってくれたり工夫は必要になってきます。

繰り返しますが、行政書士試験勉強は1年程度は続く長丁場になります。合格を勝ち取るためにも、そこまで勉強を継続していくためにも、効率的に実のある勉強時間を過ごしてほしいと思います。