法律系資格は順番にステップアップ!初心者の法律資格取得法とは?

法律の資格ってどれもが取るのに難しそうで二の足踏んでいる方も多いのではないでしょうか。実際問題、法律資格は程度の差こそあれど、取るのはどれも難しく法律初心者が狙うのを躊躇してしまうのもよーくわかります。

そういう法律初心者の方へ、おすすめの法律資格取得方法がありますのでご紹介したいと思います。ちょっと時間は掛かる可能性がありますが、必要以上に無理しなくていいので、むしろ効率的といえるかもしれません

法律資格受験生経験がある管理人がその方法を解説していきたいと思います。興味があればお付き合いください。

難易度の順番で法律資格を取得する

法律初心者で資格取得に躊躇している方におすすめの方法、それは、取りやすい資格から取得を目指していくという方法です。実はこの方法、実践している人も結構いらっしゃって裏技でもないのですが、有効な方法のようです。

例えばです、それまでの人生で法律など本格的に学んだことないどない方が、弁護士になりたいと司法試験合格を目指すことを検討したとします。でも、誰もが知っている通り、司法試験合格など法律初心者からはじめて達成できるものかと躊躇してしまいます。いろいろ考えた挙句、司法試験よりも難易度が低い法律資格を取得して、順番にステップアップしていこう、というもの。

法律資格は順番にステップアップしていくことのメリット

順番にステップアップしていくというのは、

  • 法律に慣れる
  • 試験勉強に慣れる
  • 試験そのものに慣れる

というメリットがあると考えます。法律資格って、実際問題として取得するのが難しい傾向があるのは事実だと思います。だとすれば、「試運転」で慣らしておくのも実は効率的なんじゃないかと思うのです。

1段づつ階段を上るようにステップアップしていくので時間は掛かるかもしれません。ただ、「法律の免疫」がない者がいきなり最難関試験目指すのは登山初心者がエベレスト登頂を目指すようなもの(ちょっと言い過ぎですね…)。だったら京王線に乗って高尾山から始めようよ、ということです。

法律資格取得の順番とは

「なるほど!」と思っていただけたのなら、具体的に検討してみましょう。ステップアップ、というのなら、当然取得しやすい順番に目指すべきです。国家資格の法律系資格でいえば、宅建が登竜門的存在です。順番に並べてみますと(数字は想定勉強時間)、

  1. 宅地建物取引士(300時間)
  2. 行政書士(800時間)
  3. 司法書士(2000時間)
  4. 司法試験(8000時間)

かといって、宅建とて簡単に合格できるような試験ではありません。十分難関試験と言えます。もっと合格しやすいのと言えば、民間試験になってしまいます。

「ビジネス実務法務検定1~3級」という試験がありますが、宅建に比してもかなり取りやすい資格ではあります。ですので、人によってはこのへんを登竜門としてもいいかもしれません。

  1. ビジネス実務法務検定3級(40時間)
  2. ビジネス実務法務検定2級(60時間)
  3. ビジネス実務法務検定1級(80時間)
  4. 宅地建物取引士
  5. 行政書士
  6. 司法書士
  7. 司法試験

ひとつづつのステップアップ階段とすれば、以上のような形になるのかなと思います。

理想的なステップアップとは

もっとも、この通りの順番でステップアップとすれば、本当に時間が掛かってしまいます。それは逆に非効率的。だから、状況に応じてアレンジしてみると良いです。ということで理想的な法律資格取得のステップアップをご提案させていただきます。

不必要な法律資格はスルーする

例えば、あなたが行政書士になりたいなーと考えたとします。行政書士試験合格がゴールですから、ステップアップを踏むにはビジ検と宅建です。だからといってビジ検3級2級1級と合格して宅建、では効率悪いと思いませんか?ビジ検はこの場合はあくまでステップの一環ですので、一つ踏めば十分です。

行政書士を狙うのであれば以下の3つの選択肢でいいでしょう。

  • 直接行政書士を狙う
  • 宅建を経て行政書士を狙う
  • ビジ検のどれかに合格して宅建を飛ばして行政書士を狙う

直接が心配なら、宅建かビジ検に合格して狙うの2択がいいでしょう。行政書士だって本当に難しい試験ですが、ワンクッションあれば十分だし、それ以上はちょっと時間の無駄だと思います。行政書士ならちゃんと予備校を利用してしっかり勉強すれば、1年長くても2年あれば十分合格できます、法律初心者でもです。

  1. ビジ検のどれかor宅建
  2. 行政書士

同系統の法律資格に絞ってステップアップ

効率的に考えるなら、同系統の法律資格に絞ってステップアップしていくのも利用的な方法だと考えます。「法律資格で同系統?」と思われる方もいるでしょうが、実際あるのです。国家資格で言えば、

  • 司法試験と行政書士
  • 宅建と司法書士

は同系統と言えます。宅建と司法書士は不動産関連の法律資格です。ということは、試験科目での共通点を見出せます。行政書士と司法試験は、特段同系統とは言えませんが、行政書士の法令科目はすべて司法試験が内包しています。

司法試験合格を目指すのに宅建からコツコツ順番にステップアップしていくのも結構ですが、「ちょっと待ってください。こういうステップアップ方法もありますよ?」と言いたいです。

 

◆司法試験がゴールのステップアップ方法は・・・

  1. ビジ検
  2. 行政書士
  3. 司法試験

 

◆司法書士がゴールのステップアップ方法は・・・

  1. ビジ検
  2. 宅建
  3. 司法書士

法律資格ステップアップで核になる科目とは

抵当権

順番で法律資格のステップアップを考えている方は、登龍門資格から意識していただきたいことがあります。それは、絶対的に核となる科目があるので、必ず得意科目として身に付けるということ。

その科目とは民法です。民法は必ず得意科目にしていきましょう。

民法はどの試験でも出題される

なぜ民法なのか?民法はどの試験でも出題されるからです。しかも、例外なく重要科目として。

下の表をご覧ください。下の表は、宅建試験・行政書士試験・司法書士試験・司法試験予備試験で出題される民法の問題数と占有率です。

資格試験 民法問題数 問題数占有率 配点占有率
宅建※1 14問 28% 28%
行政書士※2 11問 23.9% 31.1%
司法書士※3 21問 30.0% 30.0%
司法試験※4 およそ15問 およそ14.3% およそ14.3%

※1 科目「権利関係」の数字。ほぼ民法から出題
※2 法令科目全46問244点満点中の数字
※3 択一式試験のみの数字
※4 予備試験短答試験の法令科目合計数字

試験の形式がそれぞれ異なったりちゃんとした数字が出せない資格もあるのでフェアな比較は困難なのですが、民法という固有の科目だけで見てもこれだけを占めており、民法系科目という括りにすれば、資格によっては8割を超えるものもあります。

つまり、民法という科目は法律資格から切っても切れない科目なのです。どんな試験でも出題され、どんな試験でも重要科目になってくる。ですので、法律資格全般を見て民法という科目は核として考えなければならないのです。

民法を制す者は法律資格を制す

「民法を制すものは司法試験を制す」って格言聞いたことありませんか?これ、昔から司法試験受験業界で言われていた格言ですが、実際その通りです。民法が得意でありさえすれば司法試験に合格できるというものではありませんが、民法が苦手な者は合格できないのは間違いありません。

これは司法試験だけでなく、法律資格全般に言える格言だと思います。民法という科目は、法律資格にとってそれだけ重要な科目なのです。

大事なので繰り返しますが、民法が苦手な者は法律資格を諦めなければなりません。しかし、得意にしてしまえば、これほど心強いことはありません。

最初は苦手でも、順番にステップアップしていくにしたがって得意科目になるように頑張っていただけたらと思います。

まとめ

いかがでしょうか。この法律資格ステップアップ取得法は、予備校でも推奨されていたりもする効果的な方法でもあるのです。新規で取得する資格講座が割引になったり他資格合格者が割引になったり、お得だったりしますので、ステップアップ法試してみてもいいかもしれませんね。

オンライン資格講座 スタディング

大事なのは、

  • 多くても3ステップにとどめること
  • ゴールが決まっていれば同系統資格で攻めるもよし
  • 民法は最後まで最重要科目としてついて回る

以上3点意識して頭に留めておいてください。