法律系資格試験の講座は、資格にもよりますが中には高額なものもあります。下は数万円から、上は100万円をゆうに越すようなものまでさまざま。

そんな高額講座をお得に受講する方法はご存知ですか?大丈夫です、ヘンな非合法裏技ではなく、国が条件に合った人に金銭的支援を行う制度です。「教育訓練給付制度」と言いますが、結構使える制度になります。

というわけで、このページでは法律系資格試験講座とそれに適した教育訓練給付制度についてお話したいと思います。

アガルートアカデミー行政書士試験講座
【PR】行政書士初学者2人に一人が最短合格していくカリキュラム

アガルートアカデミー行政書士講座

以下の講座受講で合格すると講座料金全額返金制度あり。

初心者向け講座
  • 2024年合格目標 入門総合講義(インプット講義のみ)
  • 2024年合格目標 入門総合カリキュラム/フル(合格までに必要な知識&ノウハウオールインワン)
  • 2024年合格目標 入門総合カリキュラム/ライト(/フルを若干簡易化したヴァージョン)

現在、教育クレジットローン分割手数料が12回まで0円キャンペーン実施中!

アガルート公式で詳細を見る


教育訓練給金制度とは

教育訓練給金制度とは、厚生労働省が担当している補助金の一種で、「中長期的なキャリア形成を支援するため雇用の安定と再就職の促進を図ること」を目的とし、に教育訓練の経費を一部負担しましょうというものです。

合っているかわからないけど(;^_^A、雇用保険の一種と考えればいいのかな?自分はそう捉えています。事務手続等はハローワークが担当しています。厚労省HPです。
厚生労働省 教育訓練給付制度
ハローワークの概要ページ

3種類の給付金

給付金は3種類あります。

  • 一般教育訓練給付金・・・雇用保険の被保険者が教育訓練を修了したときに受けられる給付金
  • 特定一般教育訓練給付金・・・一般教育訓練給付対象者が速やかな再就職及び早期のキャリア形成に資する教育訓練を修了したときに受けられる給付金
  • 専門実践教育訓練給付金・・・専門的、実践的な教育訓練を修了した者が受けられる給付金

法律系資格試験予備試験講座と関係があるのは「一般教育訓練給付金」と「特定一般教育訓練給付金」ですので、この2つについてもっと詳しくお話していくことにします。

教育訓練給付金の支給について

(特定)一般教育訓練給付制度の支給の話に入っていきます。

(特定)一般教育訓練給付制度の支給対象者

当該制度の支給条件についてお話しましょう。まずは支給対象者の話です。支給対象者は

  1. 雇用保険の被保険者
  2. 雇用保険の被保険者であった者

です。

1と2はorなのでいずれかの要件に引っかかれば支給対象者となります。この2つの対象者について解説します。

要件1:「雇用保険の被保険者」とは

雇用されている方は基本的に雇用保険被保険者になります。

雇用保険とは、「労働者が失業した場合などに必要な給付を行い、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに再就職の援助を行うことなどを目的とした雇用に関する総合的な機能をもった」保険です。あなたが事業主から雇われている労働者であれば、事業主はあなたの意思関係なくハローワークに被保険者として届け出が必要になるのです。

会社に勤めている方は雇用保険被保険者であり、つまり、(特定)一般教育訓練給付制度の支給対象者と言えます。雇用保険には一般・高年齢・短期雇用特例・日雇労働と4タイプの雇用保険がありますが、どれでも大丈夫、被保険者であれば対象になります。

ということであれば、個人事業主や法人役員は対象外になりますのでご注意を。

要件2:「雇用保険の被保険者であった者」とは

「雇用保険の被保険者であった者」とは、以前雇用保険被保険者のであった、勤め人だったということですが、それではいつ勤め人だったら対象になるのか。それは、

  1. 雇用保険資格喪失日から受講日まで1年以内、かつ、
  2. 受給資格期間が3年以上

であれば支給対象者になります。これはorではなくandです。いずれも満たさなければなりません。離職して1年以内でも1年しか勤めていなければ対象外。例えば、就職して1年で退職、離職から1年以内の人は要件1は満たすが2は満たさないので対象外ということになります。

(特定)一般教育訓練給付金の支給条件

支給の対象者はわかりました。では、その対象がどうすれば支給されるのでしょうか?支給条件についてです。これはたった一つ、厚生労働大臣指定の教育訓練を修了した者に支給されます。

当該給付の支給を受けるには厚労大臣指定の講座を受講し、かつ、修了しなければなりません。指定されていない講座を受講しても給付は受けられませんし、指定講座を受講しても、修了前に途中で投げ出してもダメです。「指定講座を修了」しなければなりません。

さらに言えば、修了には期限があり、いつでもいいよというわけにもいきません。

一般教育訓練給付金は?

一般教育訓練給付金は学費の20%が給付されます。ただし、縛りがあります。20%給付でも以下の要件が該当すればこちらが適用されます。

  • 給付上限は10万円
  • 学費4000円以下の場合は適用外

つまり、100万円の学費だったら20万円給付ではなく10万円、4000円の学費では800円の給付ではなく0、ということになります。

特定一般教育訓練給付金は学費の40%が給付されますが、これも以下の特例が該当した場合はこちらが適用になります。

  • 給付上限は20万円
  • 学費4000円以下の場合は適用外

特定一般教育訓練給付指定講座は存在せず

ただし、司法試験予備試験における特定一般教育訓練給付指定講座は、記事執筆時点では存在しませんhttps://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06073.html

講座料が高額な予備試験だけに待たれるところですが、追加確認次第更新します。

この章まとめ:教育訓練給付制度を受けるには

この章に書いてあることをここでまとめておきましょう。

  1. 教育訓練給付金支給対象者が
  2. 厚生労働大臣指定講座を期限内に受講し修了すること

この過程を踏めば給付を受けることができます。

給付を受けたいあなたが確認すべきことは?

教育訓練給付金の受給には、申請する必要があります。その前に確認すべきことがあります。 それは…

  1. 自分は対象者(受給資格者)か?
  2. その講座は指定講座か?
  3. 受給手続きは?

この3点です。それぞれ解説していきます。

確認事項1:自分は対象者(受給資格者)か

上にある支給資格要件について書きましたが、それに当てはまればOKです。もう一回確認しておきますが、

  • 1年以上or3年以上どこかの企業に勤務している
  • 離職中でも離職後原則1年以内であれば受給資格者

なら対象者だということです。一般的に考えて、一定期間継続して勤め人(離職後1年以内含む)であれば、受給資格者と考えていいでしょう。心配ならハローワークで問い合わせてみると良いです、教えてくれるはずですから。

確認事項2:その講座は指定講座か

ここが一番注意しなければなりませんが、教育訓練給付金はどの講座を受講しても支給されるものではありません。指定講座というものがあり、その講座受講者が対象になるとは既出の通り。

受講したい予備校講座がたまたま指定講座であればラッキー!ということですが、指定講座狙いであれば探さなければなりません。正直言いまして、指定講座というのは数が少なくないのが現状。一時よりだいぶ減ってしまいました。

予備校の公式HPに指定講座であれば記載がありますので「見つけた!」という感じで喜んでいただければと思います。2023年春時点での指定講座ですが、資格問わず

  • フォーサイト
  • クレアール
  • ユーキャン
  • 伊藤塾
  • LEC

あたりは指定講座を持っており、特にフォーサイトは多くの資格で指定講座を持っています。逆に、

  • アガルート
  • スタディング
  • 資格スクエア

あたりは指定講座はありません。今後はどうなるか。検討している資格講座があれば探してみては?

 

指定講座は定期的に切り替わる

注意したいのは、指定講座は切り替わる可能性があるということ。講座はシーズンごとにヴァージョンが変わりますが、それを機に指定講座から外れるということが起こり得ます。

4月か10月で見直しが行われているようなので注意しておきましょう。

確認事項3:受給手続きは

個別の手続は各予備校のHPの該当箇所で確認されると良いです。この制度は、無条件で支給されるわけではなく、講座申込時に申請手続きが必要になります。一般的な手続きの流れはいかに続きます。

一般教育訓練給付制度の申請の流れを知ろう

支給は黙ってて受けられるというものでもありません。自分で申請する必要があります。申請方法は指定講座があるところのHPに記載されている場合とない場合があるので、事前確認ができない場合があります。

いずれにせよ、各予備校で確認する必要はありますが、基本的に申請方法は共通のはずですので、こちらで解説します。まずは必要書類の確認から。

  • 学費の領収書
  • 修了証明書
  • 申請書

学費の領収書

領収書ですが、修了時に予備校側が用意してくれるものと思いますが、一応、保管しておいてください。

念のためですが、講座申込み時に教育訓練給付制度利用する旨の意思表示が必要になります。指定講座であれば、申込み時にチェックを入れるなど何らかの形で意思表示を示す方法が提示されますので必ず意思表示てください。

その上で、申込後に正式な利用申請が行われると思います。通信講座なら書類が送られてきて記入し返信することになると思います。

修了証明書

修了証明書ですが、講座修了時に通信講座なら、郵送されてくることになろうかと思います。予備校各自で「ここまでカリキュラムが消化したら修了」という地点があります。それがどの時点かはここではなんとも言えません。修了期限と共に必ず確認しておいてください。

申請書

申請書も予備校が用意してくれると思います。その場合は修了証明書と共に領収書・申請書も郵送してくれることになろうかと思います。

ハローワークで申請

用意した3点の必要書類は、居住所を管轄するハローワークで自分で申請することになります。受講終了日の翌日から1か月しか申請期間がありませんので、忘れずに、必ず申請してください。

無事に申請が済めば、一定期間の後に口座に振り込まれることになります。

まとめ

補助が受けられる額は、講座料金の20%、ただし、上限は10万円です。また、この20%が4千円以下の場合は適用なりません。当制度を利用できるのなら予備校の選択肢も広がりますし、本当の意味で自分に合った勉強ができるのだと思います。

注意したい点は、厚労大臣指定講座でなければならないこと。指定講座でなければ、この制度の適要がないことにご注意ください。