不動産契約書

はじめに

民法は取引安全の保護の要請が強いのですが、その表れとして「94条2項類推適用」という論点があります。この94条2項類推適用は「権利外観法理」という理論に基づいたものですが、民法の中でも最重要論点の一つとして数えられています。

このページでは、94条2項類推適用の論点解説を行っていきたいと思います。まずは権利外観法理についてを説明し、それから94条2項類推適用に入っていきますね。

権利外観法理とは

権利外観法理とは、真実とは異なる外観が存在し、その外観を作出した真の権利者に帰責性がある場合に、その外観を信頼した第三者を保護していこうという理論です。

趣旨は先ほども言った通り、取引安全の保護です。「真実でない外観を信頼して取引に入った第三者は、その外観を作った真の権利者に責任があるのなら保護されてもいいよね?」という価値判断です。このお権利外観法理が認められる要件は以下3点です。

  1. 虚偽の外観の存在
  2. 真の権利者の帰責性
  3. 外観への信頼

この3つの要件を満たした場合、権利外観法理が認められるというわけです。

94条2項類推適用とは

この権利外観法理がなぜ94条2項と関係があるのでしょうか。上の3つの要件と94条2項は似ているようでも、要件は一致しません。

相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
2 前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

だから類推適用なのです。94条2項とちょっと似ている事例があるんだけど、94条2項の場面じゃない。でも、ここは第三者を保護すべきだから、権利外観法理として94条2項を類推して適用しようということだったのです。

ちょっと乱暴な言い方ですが、実際こんな感じで生まれた論点でした。そもそもこれは判例なのです。

事例を使って94条2項類推適用を紐解く

売地

事例を使って解説しましょう。

Aが自己所有の甲土地を、税金対策として自分の子供であるB名義にして財産を隠していました。これで外観上は甲土地の所有者はBになっています。

Bは、甲土地が自分の名義になっていることは知らなかったのですが、ある日そのいきさつを知ることになります。このB、甲土地が自分名義であるのを利用して土地を探していたCに売却してしまいました。CはAの思惑など知らないし、ただ売りに出ていた土地が「良い土地だな。これにしよう」と決めただけです。

この売却の事実を知ったAは、Cに対して「これは偽装だったんだ。本当は俺の土地なんだ。返してくれ」と要求します。

ここまでの流れを図にしたのが下です。

94条2項類推適用の事例図1

ご覧のように、AとBは示し合わせたわけではないので94条2項の場面ではありません。そして、上で挙げた要件、

  1. 虚偽の外観の存在
  2. 真の権利者の帰責性
  3. 外観への信頼

真の権利者Aが作成した、「B名義の甲土地」という虚偽の外観があり、これはAが財産隠し目的ということですから帰責性も問えます。これで1,2は満たしますが、3つ目の「外観への信頼」はどうでしょうか。

「外観への信頼」とは

この「外観への信頼」とは、Cの「B名義の甲土地」ということへの信頼という意味で、つまり、善意であるということです。

無過失まで要求されるかということについては、真の権利者の帰責性とのバランスの問題ですが、この事例のような場合は無過失までは要求されず善意のみで保護されるということです。もし、帰責性が弱い事例であれば善意無過失まで要求されることもあり得るということですね。「真の権利者の帰責性」と「外観への信頼」は、程度によって表裏一体であると覚えておきましょう。

そして。この事例における結論は、以下の通り。

94条2項類推適用の事例図2

まとめ

94条2項類推適用はいくつかの類型があるのですが、とりあえずはこの基本形だけ知っておいてください。

問題文から3つの要件を抽出できるようになれば、きっと正解にたどり着けるのかなと思います。

また、権利外観法理は民法規定で言えば表見代理もそれに当たります。考え方はこの94条2項類推適用と同じです。

おすすめ

宅地建物取引士試験のおすすめ通信講座

宅建試験

合格率15~17%という難関試験である宅建試験に一発合格するため、社会人が働きながらいつでもどこでも学習できる安くて高品質な通信講座を比較しています。

一発合格を狙える宅建通信講座を比較してみた

憲法の試験対策などにも

日本国憲法の基礎知識

日本国憲法について、国民主権や三権分立などの原理や各条文の解説、重要な判例の解説など。一般的知識から、行政書士試験や司法書士試験、公務員試験などの憲法の理解にも対応しています。

日本国憲法の基礎知識 -憲法の試験対策などにも-