個人信用情報機関

個人信用情報は、専門の機関に保管されているんですが、
その個人信用情報機関についてお話しましょう。

個人信用情報機関は、全て民間団体で以前は4つくらいあったのですが、
法改正により3つに統合されています。
そのうちの2つは貸金業法に基づく信用情報機関として、
内閣総理大臣より指定を受けた、指定信用情報機関となるわけですね。

指定信用情報機関と貸金業者との関係は、
会員となっている会員企業は、機関に情報の照会や登録し、
機関は会員企業からの照会に応えて情報の提示をしたりします。

また消費者と機関の関係ですが、
消費者は機関に対して自分の信用情報の開示請求をすることができ、
自分の情報を閲覧し確認することができます。

機関一覧

では、その信用情報機関をご紹介しておきましょう。

先程申し上げたように、機関は3つあり、
そのうちの2つは法律に基づいて内閣総理大臣の指定を受けた
「指定信用情報機関」になります。

あなたの債権者がどこの機関の会員になっているかは、
直接HPを訪問してご自身で検索して頂きたいのですが、
機関毎おおよその特色があり検索はそれほど大変ではないと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ