個人信用情報機関は情報を共有している話

個人信用情報について、機関ととその会員貸金業者は、
情報の照会と提示をする関係であるとお話しました。

個人信用情報機関は3つあるわけですが、機関が違うと情報の漏れが出てくるのではないかという懸念?を持つかもしれません。
このギャップを狙えば、たとえ事故情報があっても借入れは可能かもしれませんからね。

しかし、それはできないと思います。
なぜなら、そのギャップができないよう、期間同士で情報の交流はしているからです。

交流システムその1-「FINE」

まず、指定個人情報機関の2つ(JICC、CIC)ですが、すべての情報の交流を行っています。

この交流しいステムは「FINE(financial infomation network)」と呼ばれています。

指定信用情報機関同士は、密接に交流しているんですね。

照会依頼があれば、その申込者の信用情報を開示します、というよりも、これはシステム化されていますので、閲覧できるような仕組みになっているわけです。

ですから、JICC会員貸金業者からの借入れがあって、CIC会員貸金業者から新規での借入れを申し込んでも、JICCの情報はすぐに分かる、という仕組みです。

交流システムその2-「CRIN」

機関は、もうひとつあります。
「全銀協個人信用情報センター」ですね。

こちらは、法律上の指定個人信用情報機関というわけではなく、全国銀行協会の機関です。
仲間はずれの感もありますが、そうではないんですね。

全銀協個人信用情報センターは、すべての個人信用情報ではありませんが、
事故情報等の情報交流をシステム化しています。

この情報交流システムを「CRIN (credit infomation network)」と呼びます。

JICCかCICに事故情報がある者が、銀行のカードローンを申し込んでも、事故情報ありということで審査には通らないことになるかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ