個人信用情報FAQ

Q.自分の個人信用情報は見れるのですか?
A.はい、ご自身の信用情報は、原則としてご本人のみが開示請求ができます。ただし、ご本人の許可がある者は開示請求をすることが出来ます。


Q.閲覧方法はどんな方法があるのですか?
A.閲覧方法は、直接出向くか、郵送、WEB申し込みがあります。ただし、機関によっては選択できない方法もありますので、詳しくは、各機関のHPでご確認ください。
各信用情報機関HPのアクセスはこちらからどうぞ。


Q.ブラックリストに載ると借金が出来なくなると聞きましたが、どのくらいの期間出来なくなりますか?
A.民事再生、自己破産の場合は、機関にによって7~10年、債務整理、長期(3か月以上)の延滞、保証人からの弁済、契約変更は総じて5年間、個人信用情報にその旨が記載されます。


Q.ブラックリストから事故情報を抹消する方法はありますか?
A.そんな方法はありません。事故情報に登録期限が来るまで絶対に無理です。仮にそんな不正な方法がったとしたら、それにかかわった人間は何らかの犯罪に問われる可能性が高いです。
「ブラック外します」なんて輩がいれば、それはインチキです。


Q.短い期間で立て続けにカードを作ると、与信情報に問題がなくてもカード発行が出来ないと聞きましたが?
A.カードの新規発行の場合、申込企業が個人信用情報を確認しますが、照会情報が個人情報に載ります。6カ月残ると言われていますが、短期間ですと借り換えと怪しまれます。
その場合は、カード発行を見送られることが多いでしょう。


Q.個人信用情報も常に新しい情報にアップデートしていると思うのですが、アップデートはどのくらいの間隔で行われているのでしょうか。
A.はい。個人信用情報は、1ヶ月間隔で更新しています。大体、月の半ばぐらいですかね。ですから、更新するたびに残債務は減ってくるはずです。


Q.信用情報機関は3つありますが、これらの機関は情報の交換はされているのですか?でないと、情報に漏れが出ると思うのですが。
A.はい。個人信用情報は、機関同士の交流はしています。まず、指定信用情報機関のCICとJICCは、「FINE」というシステムによって情報を交流しています。さらに、
事故情報に限って、指定信用情報機関と全国銀行個人信用情報センターと情報を共有しています。このシステムを「CRIN」と言います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ