おまとめローン審査に通過できなかった場合の対処

残念ながら、おまとめローンの審査に通過できなかった、審査に落ちた、
という場合もあるかもしれません。

貸金業者はその理由というのは、絶対に開示してくれませんが、
ある程度は察しが付くものです。

十中八九「債務状況」ということになるでしょう。
おまとめローンを申し込む前に、自分の債務状況を知るためにも是非、
個人信用情報機関に情報開示をしてみてほしいと言いましたが、開示をすればいろいろ
わかります。

これまで何度か審査を経てきて通過してきているわけですから、
今回だけ通過できなかったのは債務状況がそぐわなかったとなるのは
自然な考え方ですよね。

ここで考えるのは、
もう一度審査に出すか諦めるかの点になろうかと思いますが、
自分自身で自分の債務状況を検証してみてほしいと思います。

それは再審か諦めるかは、債務状況の内容によるからです。

債務総額や借入れ件数が理由で落ちた場合

借入れ件数や債務額の問題の場合は、
もう少し減らしてから再チャレンジするのが良いと思います。

数ヶ月は間が空くことになると思いますが、それまでは耐えられるのなら耐えて、
件数を減らしたり少しでも多く返済して減らしていくことに注力してみましょう。

貸金業者によっては、
その辺のアドバイスをくれるところがあるともいます。
そういう窓口に「貸金業務取扱主任者」という国家資格取得者を
揃えているところもありますので。

自分の信用情報に事故情報があった場合

もしあなたが、自身の個人信用情報に事故情報があるとしたら、
おまとめローンは非常に難しいと言わざるを得ません。

債務整理の道を検討した方が借入れの悩み解消には良いと思います。
事故情報があると、融資を受けることができませんから。

もちろん、これは一定の期間ですが、最短でも5年は無理です。
債務整理をすれば、これも事故情報が付きますが、こういう言い方はなんですが、
すでに事故情報が付いているなら、絶対に債務整理をすべきだと考えます。
同じことなんですから。

審査に落ちた場合の対処チャート図

費用の心配もおありでしょうが、
最近は債務整理等の費用も安くなってきていますし、
少なくとも相談はした方が良いと思います。

相談して話を聞いてそれから決めても良いと思います。

すでに事故情報があるのであれば債務整理してしまった方が良い場合もある

また、これ以上支払っていくのが経済的にも精神的にも厳しいようならば、
私は、債務整理の道も検討していいのかなとは思います。

債務整理をするべきか否かやはり、耐えることはつらいですものね。

不本意かもしれませんが、債務整理をすれば、経済的・精神的、いずれも開放されますよ。

債務整理をすれば、債務整理実行ということでその旨の事故情報が記載されます。

この点がイヤなら債務整理に躊躇する気持ちはわかりますが、すでに事故情報が付いているのならば、躊躇う理由はなくなるわけです。

トータルで見れば、メリットの多い債務整理

一種の「開き直り」ではありませんが、失いたくないものをすでに失っているのであれば、そこは忘れて、他の「利益」を求めても良いのではないかと思います。

それに、借金で悩んでいるという事実をご家族や友人など、周りの人間に内緒にしたいという方は、債務整理をして問題を解決してしまった方がよろしいと思います。
それは、そのことがばれる可能性がぐっと減るからに他なりません。

それに、債務整理をしてしまえば、取り立てという行為がなくなるようです。

債務整理は、決してデメリットばかりではなく、将来のことを考えれば、
メリットの方が多いです。
だからこそお勧めできる解決方法なのです。

もし、あなたが債務整理という解決方法に興味がある、是非検討してみたいというのであれば、
お勧めのプログラムがあります。街角法律相談所というプログラムです。

借金の問題を解決したい消費者と、その解決方法を一緒に探ってくれる法律事務所
をつなぎ合わせるプログラム。

消費者目線からしても、自分に合った法律事務所を比較して選べるようになっているため、
利用しやすいのかなと思います。
外部ですけど、こちらにもう少し詳しく記載があります。
覗いてみるのもいいかもしれませんね。
街角法律相談所の借金減額シミュレーター

では、
その債務整理、いくつかご説明しておきましょう。


おまとめローン審査から借入れ トップへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ