おまとめローンが叶わないなら、債務整理を考えた方が得策

債務の状況により、おまとめローンができない場合というのはあります。

例えば事故情報が記載、つまり、
「ブラックリストに載っている」状態であるとか、
残債務が大きすぎて、おまとめローンを貸してくれるところがないとか。

残債務が大きすぎる場合は、可能ならば、暫く待っても良いと思います。
つまり、今まで通り、暫く支払い続けるということです。

そして、ある程度残債務が減ったら、もう一度おまとめローンを検討する。
とりあえず、自分の債務を減らすことに注力すれば、耐えることができるならば、
そうするべきではないかと私は考えます。

事故情報があると5年間は新規借入れができなくなる

男はつらいの図ブラックリストに載っている場合は、これはまことに残念ですが、おまとめローンはあきらめた方がよろしいと思います。

ブラックリストの問題なんて時間が解決してくれますが、その解決を待つには時間が掛かりすぎます。

事故情報は、その登録日から5年間消えません。これを待つよりも早く完済しているような気がします。

すでに事故情報があるのであれば債務整理してしまった方が良い場合もある

また、これ以上支払っていくのが経済的にも精神的にも厳しいようならば、
私は、債務整理の道も検討していいのかなとは思います。

債務整理をするべきか否かやはり、耐えることはつらいですものね。

不本意かもしれませんが、債務整理をすれば、経済的・精神的、いずれも開放されますよ。

債務整理をすれば、債務整理実行ということでその旨の事故情報が記載されます。

この点がイヤなら債務整理に躊躇する気持ちはわかりますが、すでに事故情報が付いているのならば、躊躇う理由はなくなるわけです。

一種の「開き直り」ではありませんが、失いたくないものをすでに失っているのであれば、そこは忘れて、他の「利益」を求めても良いのではないかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ