借金の問題って様々です。
債務整理は、あらゆる借金問題を解決できるものですが、実は、
万能ではありません。

いや、これは正確ではありません。
他の方法で、あるいは、視点を変えて解決は可能ですが、
債務整理として、法律事務所では受任できない案件もあります。

ここでは、それ案件について列挙してみたいと思います。

債務整理ではない案件

まずは、債務整理ではない案件です。
債務整理は、貸金業者などから融資を受けた債務を整理するものです。

ですから、個人間での借金は債務整理にはなりません。
これは、当事者同士で話し合って解決するか、それが無理なら、
別途第三者(弁護士等)に間に立ってもらって解決するのが得策でしょう。

税金の滞納も債務整理の対象にはなりません。
これは行政に相談するしかありませんね。

ヤミ金の対応も債務整理にはなりません。
勘違いするのも無理はりませんが、
債務整理でやっている法律事務所では受け付けてくれません。
こちらについては、ヤミ金専門でやっているところもありますので、
そちらに相談するのが良いと思います。

法テラス、他法律事務所に掛かっている場合

要するに、よそで取り掛かっている案件を奪い取るような形になることは、
法律事務所さん、嫌がります。いろいろ面倒くさいことになるようですね。

よって、受任してくれない場合が多いようですよ。

その他

あと、これはケースバイケースですが、債務整理をするには債務額が少ない場合、
債権者数が2社未満の場合など、債務整理を受任できない場合があるようです。
理由は、債務整理をしたところで、その効果が期待できないからだそうです。

ただ、お話しているように、一概にはいえませんので、
相談の際に確認してみると良いです。

匿名・無料で利用できる借金減額シミュレーターがありますので、
それを利用するのも良いかもしれません。

他にも細かいものはあるかもしれませんが、
一度相談にてご確認いただけると良いと思います。