債務整理を検討している方が、大きな関心を持っているであろう点、
費用についてお話してみたいと思います。

それはそうです、ただでさえ、お金に困っているのです、
気にならないわけがありません。

結論からいってしまえば、債務整理事前に正確な数字はわかりません。
法律事務所に見積もり出してもらっても、正確な数字は出てこないはずです。

なぜか?

それは、債務整理の対象になる借金額によっても違いますし、
どのくらい整理できたかによって変わるからです。

もっとも、それでは埒があかないので、概算数字は出せますし、
どういう仕組みで料金が発生するかは提示されています。
各法律事務所によるということが前提ですが、このくらいです、
というものは出せるので、そういった視点でお話しましょう。

債務整理の費用は、債務整理の種類によって構成が異なるのが一般的なようです。
債務整理は、裁判所を利用するものとそうでないものに分けられますので、
そのへんも関係あるようですね。

任意整理、過払い金返還請求

裁判所を通さない債務整理である任意整理ですが、
任意整理をする債権者数によって費用は変わってくるようです。

債権者1社につき、着手金3万円から4万円程度(税別以下同じ。)。まずこれが基本です。
そして、各債権者につき、減額報酬と成功報酬。
成功報酬が2万円程度。減額報酬は減額の10%程度。

大体このくらいです。過払い金返還も同程度が多いです。

ちなみに、これらは弁護士事務所の場合です。
認定司法書士の場合は、もう少し安く済むと思います。

個人再生、自己破産

そして、裁判所に申し立てをする個人再生と自己破産ですが、
基本的には同程度のようです。

ただ、個人再生と自己破産の中でも、それぞれありますので、
それによって前後はあります。
やはり、法律に則った手続、裁判所を利用、ということで、
膨大な書類の作成などもあり、それだけ労力もかさむようです。

任意整理よりは費用が掛かると見ていいのかなと思います。

おおよそ50万円程度、そこからプラスアルファはあるようですね。
これらは、1社幾ら、という概念はないようですね。

初期費用0円、分割払い対応というところも

これらを高いと見るか安いと見るかは価値観、経済力の違いだと思います。
もっとも、もともとお金に困っている人にとっては、
「高い高い。こんなの払えないよ・・・」と思うのは当たり前の話でして。

法律事務所側もその辺は理解しており、
初期費用0円、分割払い対応というところもたくさんあります。

これらは、債務整理を受任された時点でお金はかからないという意味ですし、
数年数年掛けて費用を支払うという意味ですから、
さしあたってまとまったお金がない多重債務者でも大きな心配はいらないと思います。

いずれにしましても、
債務整理の費用に関しては、債務者にとっては、大事な問題です。
相談の際にいろいろ聞いてクリアにしておくのが得策ですよね。