債務整理には弁護士などの代理人を立てて実行するのが一般的であり、
その方が債務整理としてのメリットが大きいとお話しましたが、
ついでなので、その弁護士についてお話しておきますね。

債務整理をやろうと検討、あるいは決めた際、
まずは法律事務所を探して相談するという形になろうかと思いますが、
どういった視点で法律事務所を探すか?という問題があります。

材料はいくつかりますが、そのひとつに、
「弁護士か認定司法書士か、どちらに相談すべきか」という論点があります。

いずれも債務整理の際の代理人になり得る士業ですが、
どちらに債務整理の相談をすべきなのでしょうか?

どちらも一緒と考える人もいるかもしれませんが、
実は、ご自身の債務状況によっては、それ相応の影響を及ぼしてきます。

弁護士と認定司法書士は守備範囲が違う

弁護士と認定司法書士、同じ法律家ですが、その役割が違います。
これは、法律で決められています。この法律を犯すと罰せられるのです。

弁護士は、債務整理問題に限りませんが、法律・代理人業務において、
特に制限は設けられていません。
もちろん、訴訟代理人も問題なく任せられます。

認定司法書士とは、司法書士資格を持っている者に、
考査等をを経て特別に与えられた資格であり、一般の司法書士よりも
職務権限が広くなります。

その広くなった職務権限は民事訴訟分野に及んでいるわけで、
だからこそ、認定し司法書士が昨今、債務整理分野も受け付けているのです。

「じゃあ、どっちも同じでしょ?問題は個々人の能力の問題じゃないの?」
いやいや、個々の能力以前の問題があるのです。

認定司法書士に債務整理の相談・依頼するメリットとデメリット

実は、認定司法書士は、
弁護士と全く同等の職務権限が付与されているわけではないのです。
代理・訴訟業務においては、制限がかけられています。

認定司法書士に付与されている代理・訴訟の職務権限は、
140万円以下の場合です。

また、自己破産や民事再生の申立ての権限も付与されていません。
もちろん、弁護士はこういった制限はありません。

こういった制限は何を意味するか?

債務整理の依頼内容によっては、
職務権限的に受けられない場合が出てくるだろうし、
受けられても、債務者の債務状況によっては、代理人としての業務を、
不完全なのもにもなり得ます。

代理人ではなく、アドバイス・サポート役とかね。

もちろん、認定司法書士を否定する趣旨はありません。
大体、費用は弁護士よりも安く済みます。
費用重視なら断然認定司法書士です。

自分の債務状況によって使い分けるのが賢い

要は、これも一種の役割分担ということです。
ご自身の債務状況でどちらに相談するのが良いか考えればいいと思います。

自分の借金の総額が140万円以下、かつ、任意整理であれば、
認定司法書士に債務整理の相談する方が良いかもしれません。
この範囲であれば、弁護士に同じ相談して依頼するよりも費用は抑えられるはずです。

自己破産や個人再生、かつ、借金の総額が140万円を超える場合であれば、
弁護士に債務整理の相談・依頼した方が後々面倒くさくないでしょう。