債務整理とは多額に膨れ上がった借金を整理して問題を解決する、
多重債務者救済措置ですが、では、どのようにして
借金を解決していく方法なのでしょうか?

結論からいえば債務整理の種類によって解決方法は異なります。

個々の債務整理についてはこちらで述べていますので、このページでは、どのようにして借金問題を解決していくのかについてお話しようと思います。

大まかに言って3つのパターンがあります。まずは一つ目。

払い過ぎた利息で整理するパターン

まずは、借金を整理して、残った借金を分割にて返済していくことになります。

この場合の整理とは、払い過ぎた利息を整理する方法です。詳細はこちらのページにありますが、払い過ぎた利息を、利息制限法という法律に沿うように引き直して、実際に払った利息から適正な利息を引いて、亜払い過ぎの利息を借金に回して減額する方法です。

この減額は、債務者側から債権者側に提示され交渉が行われます。

双方内容に納得して合意すれば、和解契約を締結し、残債務を分割で返済していくのです。残債務の返済は、債務者が完済できるような条件でなされなければならないので、返済計画はしっかり立てなければなりません。

この残債務の返済ですが、遅延がない限り利息は発生しません

債務整理のイメージ

裁判所で返済計画を認めてもらうパターン

次ですが、債務者側で返済計画を練って作成し、それを裁判所で認めてもらうパターンです。これは、それ用の手続法が存在してそれに則って手続を進めていきます。

こちらは、債務者側が債権者側にお願いして話をまとめるという形になりますが、こちらは、裁判所に認めてもらう形です。債権者側からすれば面白くないでしょうが、それは法律ですので仕方がありません。

裁判所が認めてくれれば、それに則った返済が始まります。うまくいけば、借金が4分の一だったり5分の一だったら、大幅な借金減額が可能です。

借金が免責になるパターン

債務整理の中には、この残債務を返済していくという基本に当てはまらないものがあります。

ここまでは、借金を何らかの方法で減額して残りを返済していく形になりますが、こちらは、借金が免責になるパターンです。免責というのは借金を返済する責任から免れるという意味です。

こちらも裁判所を利用していく手続ですが、裁判所が認めてくれれば、債務という義務から免れるわけです。もう債務整理の、多重債務者救済の最終措置ですが、こういった特例が法律によって認められるのです。

債務者の状況でいずれかを選択する

このように、債務整理には、大きく分けて3つの借金解決パターンがあります。この3つは、それぞれ状況によって選択する形になります。要件が必要になりますので、債務者が「このパターンが良い」と希望しても叶わない場合もあります。

いずれにせよ、債務整理はこれらのいずれかで借金問題を解決していきます。