債務整理とは多額に膨れ上がった借金を整理して問題を解決する、
多重債務者救済措置ですが、では、どのようにして
借金を解決していく方法なのでしょうか?

結論からいえば債務整理の種類によって解決方法は異なりますが、
基本的には、借金を整理して、残った借金を分割にて返済していくことになります。
「自分はどの債務整理を選べばいい? 「継続的収入」の話」

債務(借金)を整理してできうる範囲で元あった借金を減額します。
この減額は、債務者側から債権者側に提示され交渉が行われます。
双方内容に納得して合意すれば、和解契約を締結し、
残債務を分割で返済していくのです。

残債務の返済は、債務者が完済できるような条件でなされなければならないので、
返済計画はしっかり立てなければなりません。

この残債務の返済ですが、遅延がない限り利息は発生しません
イメージとしては、利息付で借りた借金を、
整理して利息なしで返済するという感じです。

債務整理のイメージ

債務整理とは、返済できる範囲で返済していくというスタンスですので、
債権者と債務者のバランスが保たれるのです。

例外もある

債務整理の中には、
この残債務を返済していくという基本に当てはまらないものがあります。
自己破産です。

詳しくは自己破産のところで解説しますが、破産法という法律によって、
一定要件を満たせば、借りたものは返さなければならないという原則の例外が
認められているのです。

その例外とは、他の債務整理との違いは、
「借りたお金は返さなくても良い」ということ。
債務の免責です。
裁判所が認めてくれれば、債務という義務から免れるわけです。

もう債務整理の、多重債務者救済の最終措置ですが、
こういった特例が法律によって認められるのです。