多重債務を抱えていて悩んでいる。
どうでしょう?会社の同僚、友人、家族なんかに知られたらどうですか?
私だったら、嫌ですね。知られたくない。

多重債務に悩んでいても、ちゃんとやりくりして返済していれば、
バレないと思います、誰にも。

多重債務は、一定の線を超えると他人にバレる!

でも、返済できなくて、一定の線を超えるとバレます、絶対に。
借金て、返済しないと、債権者は債権行使の手段として、
債務者の財産を差し押さえてきますから。

給料が典型例です。当然、会社にばれますよね。
裁判所から支払督促状が自宅に届きます。家族に見つかればバレるでしょう。

多重債務というものは、返済しないで一定の線を超えると、
絶対に他人にバレます。

これはマズい。そう思う人も多いと思います。

では、債務整理だったらどうでしょう?
家族に内緒でできるのでしょうか?
とにかく、借金のことは家族などには内緒にしたいということをプライオリティー
にするなら、債務整理ではどうなるかは大事なことになるのかなと思います。

債務整理は家族にばれません!

結論からいえば、
債務整理は家族に内緒で実行できます、完済まで。
少なくとも、多重債務を抱えて四苦八苦しているよりは、
全然安全。

その理由をこれからお話します。

まず、債務整理のメリットとして、債権者からの取り立て等が、
即座に止まるとお話しましたが、これは、債務者への直接交渉ができなくなる、
という点もあるからです。

すべては、代理人である弁護士(認定司法書士)経由です。
すなわち、取り立てがくることはありません。
つまり、債権者からバレるということはありません。

同様に、自己破産や個人再生等の裁判所を利用する債務整理にしても、
代理人経由です。

次に、法律事務所経由ではどうでしょう?
当然ですが、法律家には依頼人の情報について守秘義務が課せられています。
ここから家族等に情報が不当に漏れるということはまずあり得ません。

債務者本人が家族に内緒にしたいのであれば、最大限配慮してくれますし、
HP上で、わざわざそう謳っている法律事務所も多いです。

書類等尾の郵送も、郵便局留にすれば、家には配達されません。

もちろん、債務者本人も、通話履歴などの管理とか、できることは
やっておいた方が良いと思いますけど。

多重債務者では、多方面からの情報管理が必要になります。
それぞれ、必ずしも情報管理に配慮してくれるわけではありません。

そうなれば、状況が厳しくなるにつれて、
家族に内緒で通すことも厳しくなるわけです。

しかし、債務整理を実行すれば、法律事務所からのみ、一元化されるわけです。
そして、そこから最大限の配慮を受けられるわけで、
家族に内緒で借金問題に取り組み、いつの間にか完済、
結局、知られたくない人には内緒で問題が解決できている、ということになります。