債務整理とは、文字通り債務を整理することです。
債務整理について解説する前に、「債務」というものについてお話し、
そのあとに続いて債務整理をご説明しようかなと思います。

「債務」とは

「債務」とは法律用語でもありまして、契約によって発生する、
履行しなければならない義務のこと。

債務とは契約内容によってさまざまでして、
例えば、買物(売買契約)をする場合は、
店側は買主に指定された商品を引き渡すまでが債務になります。
買主は、店側にその代金を支払うまでが債務です。

「債務」とは義務のことである

このサイトの話題でいえば「借金」そしてその「返済」までが債務です。

お金の貸し借りとは、借りる側が債務者となります。
債務者は、お金を借りて返済するまでが義務ですよね?

もちろん、返済するにもいろいろ条件があるわけで、
金額はもちろんのこと、利息のこととか、返済方法(一括か分割か)、
返済期日(返済日等)等が借りる前に決められているはずで、
債務者もその条件を飲んだうえで借りているわけです。

借金というものは、ただ借りるだけでなく、
予め決められた形で返済しかつ完済するまでが借金ということになります。

ということは、ただ借りたお金を返済するだけでなく、
この「形」を完済まで履行する必要があるのです。
これが「債務」ということになります。

債務と借金

債務整理とは多重債務者の生活再建措置

この債務、債務者側の都合で履行できなくなる場合があります。
履行できなくというのは、たいていの場合は返済するお金がなくて
決められた形で返済できなくなる場合です。

決められたお金を返済できないのはもちろんですが、
決められた形で返済できないのも義務を果たしたとはいえません。

返済が遅れれば、督促(取り立て)があるのはそのためです。

多重債務で生活困窮する人

返済できない理由はいくつかあるのでしょうが、
多額の借金を抱えて収入がそれに追いつかない場合ですね。

いったんこうなってしまうと、
債務者は自力では返済ができなくなるのが殆どです。

多重債務によって生活が困窮し、
非常に苦しい毎日を送らざるを得なくなります。

そういった多重債務者救済措置として、債務整理が存在するのです。
債務整理とは、債務、すなわち借金を法律等を利用して減額して、
多重債務者が生活の再建ができるようにする措置なのです。

もちろん、借金は借りたら返すのが基本路線です。
でないと、貸す側はたまったものではありません。
貸金業というものが成立しなくなり、それはそれで不便な世の中になります。

こうした債権者の保護と債務者救済のバランスの上に債務整理制度は成り立っているのです。