おまとめローンの成功のために

「おまとめローンで借金を一本化すれば、悩みが解消される!」と簡単に
考えがちですが、実際はそんな簡単なものではありません。

体よくおまとめローンの融資を受けることができたとしても、結果的に、
さらなる借金を背負ってしまったという例は実際にあります。
もったいない話ですが、何が問題だったのでしょうか。

私は、3つ理由があると思っています。
3つの理由のいずれか、ないし全てが欠けていたからこそ、おまとめローンは
失敗してしまったのではないかと思います。その理由とは何でしょうか。

おまとめローンが成功しない理由
  1. 手段と本来の目的を見失ってしまう
  2. 事前準備をおろそかにしてしまった
  3. 途中で挫折してしまう

おまとめローン成功のためには、
以上の失敗するパターンを潰していけば良いのではないかと思います。

手段と本来の目的を見失っている

おまとめローンとは、債務で悩んでいる上に新たな借金をしていく、
リスクのある返済方法です。

何のためにそんなリスクのあることをするのか?
もちろん、借金を自力で返済して、悩みをなくしていくことです

自分の力でリスクを犯してまで借金を返済して完済まで持っていくことが目的です。
つまり、手段と目的はこういうことになります。

これを忘れてしまうと、やはりうまくいかない可能性が高くなります。

手段が目的になってしまったりすると、本来の目的の自力で借金を返していく
ということが疎かになりがちです。

これが、おまとめローンが失敗する、最も多いパターンなんですね。

事前準備をおろそかにしてしまった

他のページでも言っていますが、おまとめローンが成功するか否かは、事前準備で7割は決まると思います。

別の言い方をすれば、
事前準備がうまくいけば、あなたのおまとめローンは、7割は成功した
と言っていいということです。

私の場合は、
ここのところは結構やりました。
性格もあると思いますが、ちゃんと準備しないとダメなんですよね。

ましてや、知らない世界でしたから、
勢いで飛び込むと取り返しの付かない大怪我をするという「怖さ」もありましたし。
でも、この慎重さがうまくいったんでと思っています。

準備がよければ後々楽になる

あとは、月々の返済を淡々としていけばいいということ。これはこれで耐える必要
がありますけどね。

事前準備をしっかりしておけば、
この「耐える期間」も短くすることも可能になってきます。
返済にある程度余裕があれば、ボーナスなどの臨時収入があるとすれば、
いくらか返済に回すことができますからね。

どうか、しっかり準備はして頂ければと思います。

途中で挫折してしまう

人間ですから、途中で挫折してしまうこともあると思います。
そういう時は、目的を思い出して、耐えて頑張ってほしいと思います。

そして、完済したときの達成感、そのときの安堵感を想像してみてください。
つまり、「希望」をイメージしてみてください。
きっと、頑張っていこうと奮い立たせてくれると思いますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ