「任意整理とは」からの続きです。

前のページでは、
任意性の概要、費用やメリット・デメリットについて触れてみましたが、
こちらでは、どんな人にお勧めしたいかなどについて触れておきたいと思います。

任意整理ができる人の条件

任意整理をできる人の条件は、ひとつ。
残債務を返済できる程度の継続的収入がある人」です。
最低限、和解契約後の残債務を完済でき得る収入が、継続的になければ、
任意整理はできません。

普通にお仕事をされている方であれば継続的収入はあるといえます。
しかし、逆の視点から見れば、収入の中から返済できる程度まで減額できなければ、
任意整理も難しいということになります。

任意整理の費用の支払いも考慮しなければ

また、任意整理の費用の支払いにしても、
分割払い対応をしているところでは、残債務返済と合算ということになろうかと思います。

仮に残債務返済が月々4万円、費用の支払いが月々2万円とすれば、
6万円を返済できなければならないのです。
(ちなみに、残債務返済は、法律事務所経由で返済することになると思います)

以上の意味でいえば、
任意整理は、費用が安くデメリットが少ない債務整理ですが、
希望する者皆が皆できる債務整理ではありません。

ハードルは低いのですが、
収入や債務状況によって、それもクリアできない人もいます。
そのへんは頭に入れておきましょう。

任意整理はちょっと厳しいかな、ということになれば、
違う債務整理を模索することになるのかなという感じですね。

もちろん、これは相談・事前打ち合わせの時点である程度方向性は見えてきます。

債務整理。まずは任意整理ができるかを検討したい

何度も申している通り、
任意整理は、デメリットも少なくコスト的にはもっとも抑えられる債務整理です。
よって、債務整理を検討している人であれば、誰にもお勧めできます。
ですから、債務整理を検討している方は、まずは、
任意整理ができるかを検討すると良いと思います。

それには、まずは、自分は今現在借金総額はいくらぐらいなのか?
これを調べる必要があろうかと。

債権者2社以上、総額が100万円~140万円なら、
認定司法書士へ任意整理の相談をお勧めします。

その程度の債務額でしたら、
「残債務を返済できる程度の継続的収入がある人」が前提ですが、
任意整理の費用合わせても返済は大丈夫だと思います(私見ですが)。

借金総額がそれ以上ですと、弁護士が無難だと思います。
任意整理を希望しながらも、柔軟な気持ちで債務整理の相談に臨むと良いでしょう。

思わぬ結果をもたらす可能性だってある

繰り返しますが、ポイントは、
残債務が、任意整理の費用支払いと併せて返済を続けられるか、です。

ただし、債務の状況によっては、過払い金返還で解決する可能性もあります。
リンク先のページにある通り、過払い金が戻ってくるほどであれば、
債務整理のデメリットを避けられる場合もあるのです。

もう一度言いますが、良い結果でも悪い結果でも、
柔軟な気持ちで債務整理の相談に臨むことが、重要。
しっかり打ち合わせしてください。