自分の債務額を把握しておく

自分の信用情報を開示して整理イメージこれは絶対にするべき準備だと思うのですが、
自分の信用情報を開示して、その時点の正確な債務状況を把握することです。

記憶ではある程度分かっているのだと思うのですが、人間の記憶なんて、結構あいまいで信用できません。ここはどうか、状況を整理する意味でも、自分の信用情報は開示してください。

別に、信用情報を開示したところで、何の障害も起きません。ちょっと面倒くさいのと、数百円(複数機関ならば千円ぐらい)の経費がかかるだけです。

債務状況把握のポイントは以下の点です。

  • 各債権者の残債務
  • 事故情報の有無
  • 債務総額

最低限、この程度は把握したいです。
この情報を、紙でもPCでも何でもいいので、
整理して記録として残しておきたいです。
状況によっては、ここから事前準備をする必要があるからです(後述)。

とにかく、自分の信用情報は是非開示して記録を取り寄せておいて頂きたいと思います。
開示方法はコチラを参照にしてください。

自分の信用情報を把握できたら、いくらをおまとめローンするか検討する

自分の債務状況が把握できたら、おまとめローン商品について検討していきます。

おまとめローンを検討イメージ注意が必要なのは、債務状況によっては、希望のおまとめローンができないことになります。

事故情報があれば、新規でおまとめローンを組むことはできませんし、総量規制の制限もあります。

総量規制の問題は、状況によっては避けることもできますが、そうでなくとも、債務状況によっては制限が入ることもあるでしょう。

そういう場合はストレスもあることでしょうが、状況を許す限りでできることをしていけば良いと思います。
嘆いていても仕方ありませんしね。

それともうひとつ。

返済計画も含めて考えて頂きたいのですが、
借りたいおまとめローンと貸してくれるおまとめローンは、
必ずしも同じではありません

ここは返済していけるのかそうでないのかは考えなければなりません。

そういったことを考慮しておまとめローン商品を検討して頂ければと思います。


おまとめローン申込み準備 トップへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ