こちらのページは、「個人民事再生とは」の続きになります。

個人民事再生のメリット・デメリット

個人民事再生のメリットとデメリットですが、まずは、債務整理共通のメリット・デメリットがあります。

では、個人民事再生固有のメリットから行きますが、その前に、大幅な借金減額が期待できることと、住宅を失わずに済むというメリットは、上の「個人民事再生とは」のリンク先ページに記載があります。

固有のメリット:個人民事再生は、対象者をあまり選ばない

個人民事再生は、民事再生法にてその対象者が規定されているのですが、以下の通りです。

  1. 住宅ローンを除き、借金の総額が5千万円以下の方
  2. 返済不能となるおそれがある方
  3. 継続して収入を得る見込みがある方

つまり、住宅ローンを除いた借金が5千万円以下で、近い将来に返済できなくなりそうで、
残債が返済でき得る程度の収入がある者です。

どうでしょう?
5千万円というのはさておきですが、あとは任意整理の条件とほぼ同じですよね?言い方換えると、あまり人を選ばないということ。任意整理では賄いきれないほどの借金がある、さほど減額が期待できないという方は、この個人民事再生で問題解決ができるかもしれませんね。

さらに、自己破産と比較してみますが、自己破産というのはどうやって借金を作ったかについて、制約があります。ギャンブルや浪費で作った借金は自己破産できません。

しかし、個人民事再生はこういった制約がありません。つまり、どんな事情で借金を抱えたかは問われないということです。

これは、大きいのではないでしょうか。昨今注目されている債務整理というのも頷けますね。

もうひとつだけ、個人民事再生手続に入ると、その後は強制執行はされません。

固有のデメリット:官報に載る

官報に載るというのがありますが、官報なんて、業者以外の人間は見ないと思うのですけど。
これは、自己破産と同じですね。

個人民事再生の費用

費用については、いささか簡単ではありますが、「債務整理の費用について考察」に記載があります。

任意整理よりは高めとなると思いますが、分割払いに対応しているところも多いので、大きな心配はいらないのかなと思います。