では、債務整理の一つ、個人民事再生についてお話することにしましょう。
こちらは、「民事再生」とか「個人再生」ともいわれるものですが、
みな同じものと思ってください。

当サイトでは、債務整理を検討する場合、
まずは任意整理or過払い金返還について考えると良いとお話しました。

もちろん、詳細は債務整理の相談の際に弁護士と判断していくことですが、
債務額的に厳しい場合は、この個人民事再生を考えていくことになるのかなと思います。

個人民事再生の大きな特徴

個人民事再生の特徴についてお話していきます。
個人民事再生は、比較的新しい債務整理ですが、ここ数年、
取り扱いが増えているようですね。

特徴はいくつかありますが、大きなトピックとして以下2点を挙げておきましょう。

債務の大幅な減額

任意整理の減額は、過払い金が発生していたか否かによって
減額していくのが中心的な方法です。

減額幅は債務状況に大きく左右されますが、過払い分が殆どないと、
減額も殆どないということになります。

しかし、個人民事再生は、そういうことを超えて、
大きく減額することが可能になってきます。

目安は、債務額の5分の1程度まで。
もう一つの目安は、残債を3年で返済していける程度までです。
これは大きいと思いませんか?
ここ数年に急激に大きな借金を抱えてしまった、
なんて方には最適な債務整理かもしれません。

家を失わずに済む債務整理

さらに、債務額的に大きい場合でも、
住宅などの財産を維持したまま債務整理ができるということに特徴があります。

自己破産と比較するとわかりやすいですが、
自己破産は、保有する大きな財産(まさに住宅などです)は処分する必要があります。
ようは、マイホームを失うことになるということ。

個人民事再生は、この住宅を維持することができる債務整理なのです。
個人民事再生はこの点が大きな利点になるといえます。

裁判所を利用

上でも自己破産との比較を出しましたが、
個人民事再生は、自己破産との類似性もいくつかあります。

手続も同じように、各地方裁判所に申し立てをすることになります。
再建計画書やらなんやらと、いくつかの書類を提出することになります。

もちろん、こういう書類の作成等は、代理人である弁護士に
やって頂くことになりますけど。

次のページで、条件、費用やメリット・デメリットなどについてお話します。