過払い金返還請求のメリット・デメリット

メリット

まず、明確なメリットというものは、お金が返ってくるということになるでしょうか?
お金が戻ってくる債務整理はこれだけですからね。

昨今は法律事務所のテレビCMよく流れていますが、過払い金返還請求した人たちは平均して百何十万円も戻ってきているそうです。これは返還請求するしかないですね・・・って、一つご注意を。

念のためなんですけど、過払い金返還請求ができるのは、過払い金が発生している人のみです。当たり前なんですが、過払い金が発生していないと請求はできません。

次は、債務整理って借金の返済中にするものです。返済が苦しいからするのが債務整理ですから。しかし、過払い返還請求は、借金返済が苦しいからするって面もなくはないのですが、それよりも、支払う必要のなかったお金を取り戻すということで、結果的に借金整理になったという意味合いが強いのです。

だから、過払い金返還請求は、債務返済中もできますが、返済後も請求は可能です。テレビCMもその旨謳ってますよね?ただし、これには制限あります。詳しくはデメリットのところで。

もう一つ、上に関連してですが、ブラックに載らない可能性もあります。
詳しくは、「返済中の過払い金返還でもブラックにならない場合がある?」でご確認ください。

デメリット

デメリットですが、以下の点を挙げておきます。

昔の過払い金が戻せなくなる?

過払い金返還請求は、法律に規定された権利であり、債権です。

債権というのは、実は10年行使しないままだと消滅時効にかかります。
具体的にいえば、完済より10年間行使しないと、この権利は消えてしまいます。
例え取り戻す過払いがあったとしても、もう戻せなくなります。

法律事務所のテレビCMでも、
その旨をアピールしているのをご覧になった方も多いのではないでしょうか。

もし、昔の借金で、過払いの心当たりがる方は、本当に急がないと。

それと、過払い金返還請求のタイミング如何では返還請求によってブラック登録されるかもしれません。詳しくはメリットのところにあるリンク「返済中の過払い金返還でもブラックにならない場合がある?」のページをご覧ください。

訴訟のリスク

通常、過払い金返還請求は、債務者が債権者に、
「これこれこれだけの過払い金があるようです。返してください」となれば、
返してくれるものなのです。

しかし、債権者が「そんなにありませんよ。これだけしかありません」とか、「そんなものはありませんよ。なに言ってるんですか?」となると、交渉は決裂ですよね?

こんな場合、債務者がその気になれば、
裁判によって債権者と「喧嘩」してでも取り戻すことになることでしょう。

そうです、過払い金返還請求は、訴訟のリスクもあるのです。
可能性は低いようですけどね。

債務者本人にとってのリスクがどの程度かは何とも言えません。
そういう意味では、デメリットになるとも言い切れませんが、
そういう可能性もゼロではないということは頭に入れておきましょう。