自己破産です。

自己破産は、「債務整理の最後の砦」みたいな言い方をされることもあります。最後の砦かどうかは私には何とも言えませんが、ある意味では超法規的措置ではあるかもしれません。その意味では最後の砦と言えるかもしれません。

自己破産と個人民事再生の違い

自己破産は、個人民事再生といろいろ比較されます。

それは個人民事再生から見ても自己破産と比較される、という言い方もできるわけですが、確かに、似ているところもありますが、決定的に違うところもあります。

これは、自己破産の最大の特徴ですが、これは、個人民事再生どころか、他の債務整理と決定的に異なる点があります。

それは自己破産が認められれば、借金がチャラになります。借金がチャラとはいささかわかりづらいかもしれません。債務免責です。借金を返済する義務がなくなるということです。

自己破産は最初からチャラ狙い

他の債務整理は、結果的に借金が無くなる可能性もありますが、それはあくまで結果の話であって、借金を減額するために整理した結果、「あらら、もう返済する借金が無くなってたよ」ということです。

部分的にはこういうことも起こり得ますが、すべての債務が結果的に無くなっていた、ということは、まずありません。人によってはこういうこともありますよ、ということなのです。

債務整理というものは、返済でき得る範囲で減額して、残債務を返済していく、というスタイルなのですが、自己破産は、借金がチャラになるのです。最初からチャラにするつもりで手続きを開始します。

誰がチャラを認めてくれる?

違う言い方をすれば、先ほどの言ったように「免責」です。責任を免れるということです。「もうあなたは借金が無いですよ」と、国がお墨付きをくれるのです。お墨付きをくれるのは、裁判所です。自己破産は、裁判所に申し立てて、認めてもらう必要があります。

そう、債権者が認めてくれるわけではありません。債権者は、裁判所の決定だから、いやいや認めざるを得ないのです。

このへんは、個人民事再生と共通する部分になりますね。

それなりの代償を払うことになる

「これはいい!だったら、とにかく自己破産しちゃえばいいんじゃね?」そう考える人もいるかもしれません。

うまい話には裏があるではありませんが、自己破産はそれ相応の代償を払うことになります。

詳しくは、次のページでお話しますが、デメリットが大きいのが特徴ですね。
もちろん、命を奪われるとか、はありませんし、家族に直接影響を及ぼすということもりません’(間接的にはあり得ます)。