各債務整理の特徴とメリット・デメリットを比較できるように簡単にまとめておきました。

注意点として、特定調停は、昨今は申し立て件数が著しく減少しており、法律事務所も殆ど力を入れておりません。よって、このページだけの紹介とさせていただきます。ご了承くださいませ。

過払い金返還

項目 ひとくちメモ
解決方法 利息制限法による利息の引き直しによって過払いが発生、返還請求
弁護士
裁判所 △ 債権者が素直に対応してくれれば必要ないが、訴訟に発展してしまうこともあり
借金の経緯は問題となるか ×
メリット
  • 払いすぎた利息が戻ってくる
  • 完済後でも過払いは可能
  • 完済後過払い請求ならブラックに載らない
デメリット

任意整理

解決方法 利息制限法による引き直し&元本に充当による借金減額
弁護士
裁判所 ×
借金の経緯は問題となるか ×
メリット
デメリット

特定調停

解決方法 簡易裁判所の調停員を通して債権者と交渉。双方合意で借金減額&返済
弁護士 △ 手続が比較的簡易なので必要性は薄いが、それでも自力では難しい部分もあり
裁判所
借金の経緯は問題となるか ×
メリット
  • 自力だと費用は実費のみ
  • 裁判所に申立てで取り立ては止まる
  • 強制執行を止められる
  • 将来利息なし
デメリット
  • 個人信用情報にブラック登録
  • 自力で行う場合は自ら裁判所へ出頭したり書類を作成知る必要がある。話し合いも自ら
  • 債権者と合意できなければ成立しない
  • 過払い金の回収は無理
  • 合意内容を履行できなければ、強制執行の可能性あり

個人民事再生

解決方法 裁判所に再建計画を承認されれば大幅減額、その後残債を返済
弁護士
裁判所
借金の経緯は問題となるか ×
メリット
  • 強制執行を中断させることができる
  • 住宅を失わずに済む
  • 大幅に債務を圧縮出来得る
デメリット
  • 個人信用情報にブラック登録
  • 名前が官報に載る

自己破産

解決方法 破産宣告後、債務免除。借金がチャラになる
弁護士
裁判所
借金の経緯は問題となるか
メリット
  • 借金が免除される
  • 強制執行を中断させることができる
デメリット
  • 個人信用情報にブラック登録
  • 相応の資産があれば処分しなければならない
  • 一定期間、就けない職業がある
  • 名前が官報に載る