おまとめローンの返済方式(残高スライド、元利定額等)

残高スライドリボルビング返済方式とは、
リボルビング返済方式のうち、
元金又は債務残高の額よって一定のクラスを設定し、
そのクラスが変わるごとにミニマムペイメントが変動するリボルビング返済方式です。

元金又は債務残高のランクが上がればミニマムペイメントは高くなり、
下がれば低くなります。

下の表は、以前、とある銀行が実際に採用していたリボルビング返済のランク分けを表にしたものですが、イメージはこんな感じです。

事例

例えば、100万円を借り入れたとします。返済方式は残高スライドの定額リボルビング返済です。

100万円から80万円以上をひとつのクラスと設定して、この間の元金又は残高のミニマムペイメントは5万円。
そして、月々5万円づつ返済(元金充当分と利息がこの内訳になります)していき、元金又は残高が80万円を切るとミニマムペイメントは変動し4万円になります。

さらに、60万円を切るとまたミニマムペイメントが変動し、3万5千円になります。

利用限度額に空きができているので、枠内で借り入れを追加しました。そして、またミニマムペイメントが変動・・・

今言ったことを図解にするとこんな感じになります。

上の例のように、
毎月一定額を支払い、その中から利息を差し引いた金額を
元金返済に充てるリボルビング返済方式を元利定額返済方式といいます。

この返済方式の留意点

物事は表裏一体であり、
残高スライド元利定額リボルビング返済方式の利点がそのままひっくり返って問題点になってしまいます。

つまり、返済額が一定なので、
自分の借り入れ額がその時点でどのくらいなのか把握しづらくなり、
気が付いたら膨大な債務を抱えている、なんてことが起こったりします。

また、これは元利定額返済方式の問題点ですが、
債務が増えてくると返済額の多くが利息の支払いになってしまい、
元金の償却スピードがどうしても遅くなり、その結果、
返済期間が長くなってしまいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ