おまとめローンの返済方式(リボルビンク返済)

おまとめローンの返済方式は、ほぼ1つのタイプで横並びです。
それは、「残高スライド元利定額リボルビング返済方式」と言いますが、順番は前後しますが、「残高スライド」「元利定額」「リボルビング返済」と3つに分けてお話します。

リボルビング返済方式(リボ払い)とは

リボルビング返済方式とは、クレジットカード利用やキャッシング利用の借り入れ返済の際、 返済回数は決めずに月々一定額又は残額に対する一定割合額などの形で返済する方式です。

その一定額とは、
規約で定められた最低返済額(ミニマムペイメントといいます)以上であれば足ります。

また、返済額が一定の枠内で決まっていますので、
必要以上に月々の返済額が多くなってしまうことはありませんし、
余裕があれば臨時の返済も自由にできます。

リボルビング返済方式の利点は、与信枠内であれば何度でも自由に利用でき、
ミニマアムペイメントが設定されているので、
月々の返済が膨大になることがないという利点があります。

おまとめローンを含めたキャッシングの返済方式は、
ほぼ全てこのリボルビング返済方式を採用しています。

もう少し具体的にみてみましょう。
下の棒グラフは、
元金からリボルビング返済によって毎月返済していくにつれて、
元金が減っていくのをイメージしたものです。

30万円の借入れで、ミニマムペイメントは3万円、
赤とグリーンが毎月のリボルビング返済(3万円)だと思ってください。

赤とグリーンを合せたものは一定額(3万円)ですが、
赤とグリーンの割合が変わっていって途中で逆転していることに注目してください。

何を意味するかというと、リボルビング返済は、
毎月一定額を返済していくわけですが、
その内訳は、利息の支払いと元金の返済です。

元金が多いうちは、利息の占める割合が大きいわけですが、
元金が少しづつ減っていって、その分利息を占める割合も減っていき、
そして、元金返済が占める割合が逆転するということです。
(実際にはこんなに早く減っていきません)

サブコンテンツ

このページの先頭へ