おまとめローンにもデメリットは当然ある

おまとめローンは返済をラクにしたり、多重債務からの救済手段として
非常に有効な手段であるのは事実です。

しかし、良いことばかりではありません。
何事もそうなんですが、良い点もあれば悪い点も当然にあります。
正確に言うと、おまとめローン自体の話ではなく、借り入れする側の問題で「落とし穴」があるんです。

このデメリットも理解しつつ、事にあたって頂ければと思います。

おまとめローンは、自分を律することができる人しか実践できない

実際におまとめローンで借金を一本化して、
1社だけの返済を気にすればいい状況になりました。
しかし、ここでも安心してはなりません。

この状態では借金は1円も減っていないことを肝に銘じる必要があります。
ここまで複数社から借り入れがあるということは、
その人には借金癖が身に付いてしまっている可能性は否定できません。

だとすれば、おまとめローンをする分の借り入れをそうはせずに使ってしまう可能性も十分あります。

そうなんです、おまとめローンは、自分を自制できないと、後々大変なことになってしまう方法なんですね。

つまり、人を選ぶ借金返済方法である、ということです。

まあ、それはそうかもしれません。
リスクを犯して自力で債務の悩みから脱出しようというのですから、それ相応にハードルは高いものになるでしょう。

このチャンスを逃したらどうなってしまうのか、よく考えてみよう

それ以上借金を増やしてしまうと、もうおまとめローンどころではなく、
何らかの債務整理をしなければ借金問題は解決できなくなります。

このように、せっかく、おまとめローンで自力返済できるはずだったのに、
借金癖のせいでさらに返済、精神的に追い詰められてしまって、
自らではどうしようもなくなってしまうのです。

チャンスを自ら手放してしまうのです。
誰も悪くありません。悪いのは自分です。

本当に立ち直りたい、ラクになりたいと思ったら、自らを律する精神力がなければ、おまとめローンはうまくいかないということは肝に銘じて頂きたいと思います。

あなたはどうですか?
自分を変えたいですか?
返済の負担からラクになりたいですか?

どれかひとつでも切に願うあなたにとっては、おまとめローンは有効な手段ですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ