消費者金融系(専業系)カードローンって何?

消費者金融系カードローンについてお話します。

消費者金融を「専業系」なんて言ったりしますが、実際にも同じ意味で使います。その辺も含めて、まずは消費者金融についてお話しましょう。

消費者金融とは

消費者金融とは、読んで字のごとく、消費者向け金融という意味です。ようするに、個人向け金銭貸付け業者。法人向け(個人事業主含む)や保証(保証については「信販系カードローンって何?で解説」)とは区別しています。

また、貸金業規制法では「貸金業者」という呼称になっています。

まとめますと、消費者金融とは、個人向け金銭貸付けを主をした生業とする業者。貸金業者とも言います。

消費者金融の特徴

消費者金融が専業系といわれる所以は、単にその貸付け業務専門にやっているという意味です。大手消費者金融は必ずしも当てはまりませんが、数ある貸金業者はそれ専門でやっています。

それと、貸付けは無担保、保証人・担保は不要ですね。審査は他種、例えば、銀行系カードローンと比べれば、緩やかですね。これは、間違いないでしょう。

総量規制の対象となる

保証人不要、審査は比較的緩め、消費者にとっては借りやすいのは間違いないです。
しかし、消費者金融系カードローンは、原則として、総量規制の対象になります(例外は、「貸金業法に基づくおまとめローン」)。その意味では、おまとめローンに適しているかは微妙になります。

消費者金融系カードローンとおまとめローン

総量規制に抵触しない方であれば、私は、おまとめローンでも消費者金融ををすすめします。それは、何と言っても、使い勝手が抜群ですよね。それは、審査の段階からそうです。

審査基準の話ではなくて、項目が抑えられていますし、場合によっては書類手続なしなんてのもありますから。

使用使途は原則自由だし、お金の出し入れも拠点がたくさんありますからラクです。会員用の特典も充実していますし、機関無利息とかもありますからね。それでいて、かなりの低金利を実現していますし、限度額も十二分です。
「やりすぎじゃね?」ってくらいです。

こんな言い方が正しいかはわかりませんが、「おもてなし」精神にあふれているとすら思います。それは、大手消費者金融3,4社だったら大差はありません。どこを選んでも満足できるはずです。あとは完全に好みの世界だと思います。

しかし、総量規制に抵触する人にとっては、選択肢から外した方が良いと思います。使い勝手云々の前の話です。審査に通らないのは確実でしょう。

では、消費者金融ってどこ?

大手だと、アコム、アイフル、プロミス、モビットあたりでしょうか。
当サイトでは、現在、プロミス、モビットをご紹介しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ