「ブラックリスト」とは

個人信用情報では、あなたのクレジットヒストリーが正確にわかるとお話しました。

そのクレジットヒストリーでもっとも気になるのが、
「ブラックリスト情報」なのではないかと思います。

ただ、実際に個人信用情報の中に、ブラックリストなるリストが存在するわけではありません。
では、何のことなのか?

クレジットヒストリーの中には、人によっては、「事故情報」なるものが記載されています。

事故情報とは、借金を返済していく過程で、
一定期間以上の返済遅延、債務整理等の債務者側の契約不履行情報のことです。

月々の返済が、数ヶ月遅れている、6ヶ月返済がない、債務整理を行った等の当初の契約を債務者側が不履行をしてしまったら、その情報が掲載されるのです。

信用情報にこれら事故情報が掲載されると、「ブラックリストに載った」と表現するのです。

もちろん、事故情報がない人もいるわけですから、そういった人には関係のない話なのです。

が、人によっては事故情報が記載されているので、その区別のために比喩的に、便宜上リストがあるといっているに過ぎないのです。

ですから、実際にそういったリストが存在するわけではなく、状態を表現した単語なのです。
ブラックリストとは、事故情報が掲載された個人信用情報の俗称です。

載ったらどうなる?

もし、あなたの個人信用情報に事故情報が記載されていたら、
残念ですが、おまとめローンはあきらめざるを得ません。なぜなら、新規で貸付は受けられない
からです。

新規借入れの申込みがあったら、
その業者は申込者の個人信用情報を閲覧するとお話しましたが、
そこに事故情報があれば、今はどこも貸してくれないでしょう。

その業者が「うちでも同じことやらかす」と思うのは当然です。
というより、社内規定でそうなっているはずです。

知識として知らないと、痛い目に遭うという典型例

今、携帯端末の分割払いが利用料に組み込まれて
返済していくというシステムがありますよね?
その際の利用料の返済延滞が結構多いようです。

あれは延滞しますとブラック載りますからね。
若い人に多いとのことですが、きっと軽い気持ちでそうしているのだと思いますが、
やはり知識として知らないと、将来、とんでもないことをしてしまったと
後悔することになってしまうのです。

将来的にローンを組みたいときに悪い影響が出る可能性が高いですからね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ