こちらのページの続きになりますが、、
「お金を貸してはいけない人」「信用できない人」の情報は、
「事故情報(異動情報)」と呼ばれ、
この情報を俗称ですが「ブラックリスト」といいます。

この情報が個人信用情報に掲載されている期間は、
新しいローンを組んだりキャッシングは新規でできません

この期間とは、債務整理によって異なりますが、5年~10年です。
任意整理あたりは5年を超えない期間、
民事再生、自己破産は7年から10年を超えない期間とされています。

なぜ債務整理は事故情報となる?

なぜ、債務整理が事故情報として扱われるのでしょうか?
債務整理とは、誰も債務整理をするとした上でお金を貸すひとはいないわけで、
そんなことは想定はしていないわけです。

債務整理は、契約上で想定していないわけで、債務整理をしたら、
それは契約不履行とされるのですね。

いってみれば、ブラックリストの典型例である、「長期の延滞」と同じなのですね。
契約通りの返済ではないということ。
だから、「事故」なのですね。

債務整理はデメリットも想定して実行すべし

ですから、債務整理はメリット・デメリットの両面を検討して実行する必要があります。
デメリットを承知の上で、
債務整理をして苦しい返済・取りたてを止めて多重債務から抜け出すか。

それとも、
債務整理を回避して苦しい生活を受け入れるか。
どこまでできるかわからないが、借りられるまで借りたい。
借金しないと気が狂うので、借金するためならどうなっても構わないか。

ご自身の人生ですから。