銀行系カードローンって何?

やはり、銀行というものは、金融機関としての信頼性は絶大で、カードローンの世界でも銀行系カードローンを持ちたいという方が多いようですね。

その銀行系カードローンについてお話します。

昨今は、銀行が発行するカードローンも増えてきており、都市銀はもとより、地方銀行やネット銀行も数多く参入しています。中でも、ネット銀行は、このカードローンについて特に力を入れているように見受けられますね。

銀行系カードローンは総量規制対象外である

銀行カードローンの特徴として第一に挙げられるのは、総量規制の適用がないこと。
総量規制対象外なのですね。

その意味でいえば、おまとめローンに適しているカードローンといえるでしょう。事実、銀行からおまとめローンに特化した商品、あるいは、おまとめローンに特化しているわけではないけど、積極的におまとめローンへの利用を謳っている商品もあります。

また、これも総量規制に関連してきますが、「○○まで収入証明書原則不要」なる宣伝文句も散見されます。
これは、専業系(消費者金融系)カードローン信販系カードローンと比較してのアドバンテージになるものです。

理由は、専業系や信販系は、一定額を超えると収入証明書の提出を義務付けているからで、銀行は総量規制対象外なので、その義務がないからです。

収入証明書の提出は面倒くさい点もありますから、嫌がる消費者も多いですからね、この点もアドバンテージになるようです。

良い点ばかりではない銀行系カードローン

反面、審査については、消費者金融系や信販系よりも厳格であることが多いです。
この点、消費者金融系や信販系で審査が大丈夫な方でも、銀行系になると審査に落ちることがあるということ。

中でも、都市銀や地方銀などはその傾向が強いと思われます。そういったことも認識しておく必要があるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ